スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

4月16日の大宮中級記録

3月の沼津の講習会を受けて
これは埼玉にも来て貰わないとじゃない!?

と、なんだか急に奮起して、
さくさくさくと、スムーズに場所を押さえてしまいました。

場所は、大宮の高鼻コミュニティセンター
氷川神社のお膝元です。
めっさお膝元です。
どのくらい近いのかっていうと
一回本殿をお参りして、ぐるっと廻って車のご祈祷所を通った方が近いぐらいの近さです。

当初、取ったはいいが、予定が判らない
という曖昧さだったため、
私がやっている、巻き巻き練習会の中級(おためし)組の方々に
さつきのさんの中級無かったらこっちの中級やるからねー
と言ってしまうぐらいにどきどきの日程だったのですが

なんとか開催できる
と言っていたので、
やったー!!楽しみ!!
となっていたのは多分私。

何やるのかな。
イメージワークかな(すっごい期待している)
剣とか作っちゃうのかな。
なんか投げたりするのかな。
戦闘訓練とかあるのかなワクワク

あれ?でもそれって私受ける意味なくない?

とか思いながら、
会場係は早く行きました。
でも朝からハプニングが
なんかタブレット端末が電波を捕まえてくれなくて
ネット環境に全くなかったのです

なので、待ち合わせに手惑いましたが
なんとか合流して
まずは一回目のお参り

そして会場入り

今回さつきのさんも合わせて七人ですから、

作品ごろっと並べて
クルミさんに
「太極拳にいってきます。作品をごらんになって、名札に名前を書いておまちください」
と書いて貰って

目の前の公園で、太極拳を
時間がないから軽くながして。
あまり時間がないのでお部屋へ向かう途中、千住さんと合流

部屋に返ると、既にハミさんがいらっしゃって
作品を見てくれていました。

作品をみながら、雑談をしていると
銀河さんがやってきて…

うん。安定の遅刻っぷりですね。莢さんがおりません。

先ほどにもかいた
うちの中級(お試し)の人たちっていうのが
莢さん、銀河さん、千住さん、クルミさん
なので、、、ハミさんごめんね。超濃いメンバーなんだ今日。。。
っていう

で、時間過ぎてちょっと待っていたんですが、
見知らぬおばあちゃんの荷物を持ってあげて一回休み
という連絡をもらったのを見て
本日の中級講座開始

二組に分かれてエネルギーボール作ったり形状変えたりしていました。

もふもふにしたら可愛かったのですが
さつきのさんが、生き物にしちゃダメ。それ使うから
というので我慢しました。

最終的に、練り上げた状態のそれを分割して、軟膏を作ってですね

「はい。自分の穴をそれで塞いでください」

ということだったので、3月に(もしかして)と思った腕にペタペタしました。

腕にエネルギー廻ってないなぁと思っていたんですが

うん。
そういえば大昔に石を入れられて、それをさつきのさんに取って貰ったわ私w
そこ穴になってるのかww
可能性ある。大いにある。っていうか穴あきだ。もしかしなくても穴あきだ
当日、月のモノが来ていて、いい感じに枯渇しているから特にそう思う。

というわけで、穴にペタペタ

多分、練った方が使いやすい気がするなー
という気がしました。

きっとそこんとこは気功とかと同じなのかな

なので、
顔色悪く飛び込んできた莢さんに、軟膏作って穴(うーん)埋めて
と説明している間に、
エネルギーボールをもみもみしながら、リレーして渡して貰いました

それからそれから。

さつきのさんが、ちょっと離れたところに座って
武器の作品を持って、その剣先をさつきのさんに届かせること

というのが次のお題

どうやら山形でもやったらしくて、山形に行った組がガクブルし始める

最初は嫌だー。よし、じゃんけんだ!

負けた人から。ということでハミさん

うちらひでぇ。全然初めての人を最初にさせているww

といいつつ。順番は変えませんww

一瞬。
これはもしかしたら私からやった方が良かったんじゃないか?
とか思ったんですがー

じゃんけんで決めたからいっかーと思って変わらなかった人←酷い

みなさんやっぱり剣先が伸びません。
伸びてもさつきのさんに「てーい」って曲げられてしまいます。

後ろからみんなで伸ばすの手伝っているんですけどね。

でも2週目はみんなちゃんと伸びました。
「てーい」って曲げられましたけど。。。

ていうか押し返すってどーなのー
という感じでしたね。はっはー

私もきっちり押し返されましたよー
この人固くて全然のびなーいのびなーい
でもあれですよ
「手加減はしておいたからニッコリ」
ですからねwww

さつきのさんが
「この中に攻撃は最大の防御とか思っている人ー」
はーい←
防御が強かったらこうなっちゃうから意味ないよー
ですねーですねー(遠い目)
きっとさつきのさんは、盾を投げた方が強そうな気がするー
とか思ったような気がします←

さて、それも終わってしまって

神様からの契約をお断りするお話

をしました。

こうやって見えないモノの感知が出来るようになるとやってくる
「お仕事やってみませんか」
という勧誘の数々

勧誘だけならいいんですけど、
気がつけば契約させられていて、条件はメチャメチャブラック

あほか!

という案件はとても多いんです。

神様だから聞いてあげないと…
なーんて思わなくてイイのです!
なぜなら、
我々は三次元で生きているので、
こっちに余裕がないと、神様のお願いどころか、隣の人の醤油取ってくださいっていうお願いだって聞けません。
ていうか、出来ないからたのんでいるので、
そう思うならお断りするしてもいいと私は思うのです。

じゃあ「お断り」してくださーい

と、さつきのさんは頭ぐらい大きい見えないコードをみんなにみょんみょん飛ばしてきます。。。白目

コード切るのは余裕!…なんか、なんか追っかけてくる><
そして穴あきの腕にペタっ
また切る。
反対の腕にペタ

…。なんでやー!
とうごうごしていたら

「そらーそうでしょうよ。コードは弱いとこ狙ってくるんですよー。無理矢理の契約なんだからしつこいし、繋がって相互になったら契約完了ですし?」

ええと、これはきっと、初級の応用なんだと思うんだ
切って、離れた隙に防御して、その間に穴を埋めて、さらにガードして諦めて貰うって事…なんじゃないかなー←理屈は判っているけど出来ない人続出

なんとか、なんとか最後にはならないでオッケーもらえてぜーはー

しかし、どーにもこーにもな人が…

「すみません。頑張っているんですが、中の住人が裏口からウェルカムします!?」

ウェルカム…ウェルカムって…

ということで、時間もあるのでその方の中の不法住民を引きずり出すことに…

巻き取りかがりは、キンプリ補正で色々マックスになってるクルミさんが
まるでリールを引くように巻き取っては外に投げ捨てていました。

我々は穴から入っちゃったりしないように避難です。

終わった頃、丁度お昼を予約した時間になったので午前の部。終了

ものすごく早かったです。

お昼は珍しく予約だったんですねー

なんのかんので5年以上経っているような気がするんですが、
大宮の氷川神社に行ったときは、必ずと言ってイイほど行っちゃうお店がプロヴァンスヴェールです

ヴェールですよヴェール!
もう行くしかないじゃないですか!

おまけに美味しいんです。

なので、人数少ないと行っていたから、
皆さんに連絡取って貰って、
予約とってもイイっていう話になったので、私前日に予約しましたもの

土日もランチをやっているので、何食べようかな~って、毎回悩んで
結局、私はシーフードドリアにしちゃうんですよねぇ
帰る時はいっつも、次はロールキャベツ食べようっておもうんですけども。

ミニカヌレとかもみんなで別に頼んじゃいましたね。
美味しかった~♪

まあそんなこんなで歓談しながら美味しく戴いて

さっきの大ボスは、神様にもらってもらおうか~

ということで、帰りにお参りして。
失礼の無いように差し上げてきました♪
という話を聞いたので

ああ、交渉の実践だ。ザワザワ
という感じでありました。。。

話を聞いていると、大上段からの交渉に聞こえるんですが、
ちゃんと取扱説明書付きだよ~。礼は尽くしてるよ。失礼にはしてないよ。
ということなので、きっと難しい。。。←営業には向かない人

その後、一対多数のヒーリングでしたが、
うん。面白かった。
もちろん気持ちよかったですよ。
またうっかり寝落ちしそうになっちゃいましたから。

おやつを食べたり、ちょっと色々やったりしながら、
充実した日だったなーと満足

…夕飯は軽食になっちゃったけどな

そして、帰りに鴻巣まで行って、キンプリ見て帰りました

みんな、キンプリはいいぞ!←違う


そのうちに、また大宮でやりたいですね。
初級も中級も

楽しみにしています♪



スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。