毒親だったなぁ。うちそういえば3

1はこっちhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-142.html

2はこっちhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html

私が親のせいにしていたとき、
物事をたくさんの側面から考える思考力が無かったんですよ。
や、でもそれなりに理解力はあったと思うんですよね。
理系マイルールの難しい話をする人の話をかみ砕いて通訳wすることは出来たので、理解力はあったと思うんですが
それとは違う
うーん…自分で考える力かなぁ?深く展開していく考え方というかな
この辺りがちょっと弱かったんですよね。
あと、たみえるんが書いてた客観力っていうのも弱かったんです。

感情的になったらそれに振り回されるというか
でもまあ、この辺りもどこかで「おかしいぞ?」って気がつかないと、今でも暴走しますけどね 苦笑

だいたい、そんな考え方って、習うもんじゃないので 苦笑
どうやってなったかっていうと
多分、時々記事に出てくる、話し合いをして分かれた友人
というのがもの凄く力になっています。

その友達って言うのは、まあ、私がパッカリ開いちゃったときに支離滅裂な話を聞いてくれた友人でね。
まあパッカリ開いちゃうと、否が応でも自分の内面と向き合わないと行けなくてさ
そこに至るまでにちょっとずつ知恵と方法を分けてくれたわけなんですよ。

最初は、私はもうわかんないから聞きっぱなし。
こんなことがあったの教えて
って、こんな感じ。
雑談を交えてそのうちに
「りゅーらさんはどう思う?」
って聞いてくるようになった。
んでも、まだそう言う人じゃないので
わかんないから教えて
って言ってたよw
でも、自分の事で、とうとう自分で考えなくちゃいけなくなった。
どうして良いのかわからない。

当時、日記を手書きで書いていたんだよね。
最後に、総括としてどう思ったのかっていうのを書いていた
それが考える力を身につけたように思う(少なくとも私は)

なので、
似たような事例から、こういうときはこうすれば良いんじゃないか
とか考えるようになった。
されたこと、したこと。
日記をよく見れば、両方が自分に起こっていることに気がつき始めた。

もしかしたら、ただ、何かが悪いではなくて、
理由があって互いがぶつかったときに問題になる。。。とか?

って考えるようになった。

それの総括が自分を含めた自分家の実家問題さwwwwww

あいだあいだに、本当にもの凄い良いタイミングで起こっている。
や、でも本当はそれはいつ起こってもおかしくない話でね
問題の発覚って、ただのチキンレースなのよww
気がつかなかったらきっと、その問題はいつものように
なかったことに
穏便に
スルーしてしまうんでしょう。

問題が起こるっていうのはきっと、それが問題だと気づくことなのかもしれない

で、何かある度に
相手はもしかしたらこう思っているのかも
だとしたらこうかも
って言う感じで、だいぶ頭使うようになってきたんですが

ここで妹の問題が出てくるわけ

ハッキリ言うとね
この頭を使いすぎる状態が裏目に出たって感じ

相手がこう思っているからこうなる
っていうのを考え過ぎちゃっているから
妹が行動したときにこうかも。
とか、
これが不快なのね。覚えた
ってやって相手を尊重しすぎるので
良いように自分が浸食されていくわけだ
で、あちらは弱者を装った強者なので 苦笑
こっちをコントロールし始めるわけ

読み過ぎが私を救い
読み過ぎが私を蝕んでいったのね 苦笑


で、
まあ妹と同じ精神科に通ってたんだけどね。良い先生だったから

保護したばっかりの時に妹の浮き沈みが激しかったので、私が引っ張って連れて行ったわけ
そこで妹も切々と語るわけです。

一応、妹もいろんなことを考えていて
不安になってどーしょーもない

っていう話だったな
考えすぎて不安になると、頭のてっぺんが痛くなってくるんだって。
んで、社会的にいけないとされること
死んじゃえとか、殺してやるとか、
そういうネガティブなことが浮かんでは消えていく私は駄目な人間だ
ってヨヨヨするんだけど

先生曰く

脳はいろんなことを考える器官なので、ポジティブな考えから、ネガティブな考えまで、パターンパターンによっていろんなことを提案するんだって
それを経験や考え方で選び取るのが自分なので
選んでいないんだからいいんですよー
って話だったの。
私的には目から鱗だったんだよね。この話。
で、いろんなパターンが出てくるのは、脳の正常な働きです。

ってことだったので
早速私も取り入れてみたのですよ。

その頃にはインナーなおこちゃまをどうするかということに私もなっていたのですよね。
だって、私の幼少期のおとんとおかんの行動を容認したら、自分をケアするのは自分しかないじゃん。
だからもー。暴れまくっている自分OK!
毒づく自分OK!
に、やっとなれたんですよね。
とことん二カ所以上の情報以外はやってみるけど本気で信じない私です 苦笑

妹には、
とりあえず、なんとかなりたい。
というので、保護して、
落ちたりするときには病院にも連れて行きましたが
どう思った?
っていうのをよく聞くようになりました。

私の時みたいになんでどうしてを連呼しましたから、
多少私の意見はいいましたけど
とにかく、自分の感情の動きを知って欲しかったから
私はそれで良くなったので、実践したって感じでしょうか?

確かに妹は良くなっていきました。

それと同時に悪い癖が出てきた。

誰かに護って貰いたいっていう、寄生癖っていうんでしょうか

私にはそれが分かりませんでした。
そして、
妹の宿主になっていることも気がつきませんでした。

まあつまり
自分は妹と共依存し始めたってことなんだと思うんだけどねwww

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line