スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

毒親だったなぁ。うちそういえば5

1はこちらhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-142.html

2はこちらhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html

3はこちらhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-144.html

4はこちらhttp://tiaracrownryura.blog63.fc2.com/blog-entry-145.html



そうそう、忘れてはいけない感情についてですよ。(更に続いていたらしいww)

前記に書いたとおり、
時々嵐のように実家の問題が浮上してくるんですが
その時って、自分がだいたい立ち回っていたんですよね。

で、問題発覚して周囲は泣いたり叫んだり怒ったりするんですが、
その時の私にはその感情はあんまりありませんでした。

どっちかというと、後から反復して怒りが出たり、哀しくなったり、さらにはアホらしくなって凹んだりね
いわゆる愚痴的なモノになります。

多分なんですが
この、その時に爆発できない感情って言うのは、ものっそい心にダメージを負わせているんじゃないかなって思うんですよね。

人って泣き笑いするでしょ
感情があると、確かに物事がさくさくと立ち回らないんです。
泣いてめそめそしても物事は解決せーん!
って、頑張っちゃう
で、その間、周囲は泣いたり怒ったりしながら、なんだかいつの間にかに進行役になっている自分が
感情の代わりに思考を動かしてさくさくと物事を薦めていく

終わったら終わった満足感に浸ってなかった?
そこは自分をケアするところなんじゃないの?

って、最近思うのです。

そこで満足感に浸ってしまうと、多分次の生け贄を求める、一見良い人な共依存者になっちゃうんじゃね?

って、まっさらにして振り返って思いました。

これも、妹を見て思ったことです。

妹は、とてもネガティブな感情を嫌がりました。

喜怒哀楽の喜楽は良い感情で、怒哀は悪い感情
だから社会的に酷い言葉を想像すると酷い人だ何とかして欲しい
って言っていたみたいなんですね。

でも、人生って喜怒哀楽で出来ているじゃないですか。

妹は一端は良くなっていったんで、薬が減少傾向にあったんです。
でも、その感情は消えなかった。

だから切々と辛い感情を私にも愚痴りました。

でも。

。。。多分、それは、私も感じちゃうかな。それ

って感じだったんです。

なので、懇願して増やして貰ったときがありました。
そうしていっぱい寝ていました。
ぼーっとして。
「いやぁ、なんだか眠くって~」
って、幸せそうにしていました。

思考は、しすぎても大変だなぁと思います。
頭のてっぺんが痛いってことは、前頭前野がめっちゃくちゃ気が張っているってことだろう?
つまり考え過ぎってことなんでしょ
それって、
こんなことしてこうなったらどうしよう。もう生きてられない!
まで考えて、感情が動くから、だから薬飲んでんだろうなって
でも
この状態ってなんなんだろうな

喜怒哀楽から楽しいだけを抽出して、哀しいを排除したら。。。
なんか、こう。
人生が哀しいな。
だってきっと、楽しいが普通になっちゃうから楽しくなくなっちゃう。
哀しいを解決しないと、、、なんか。なんだろー。
もっと凄い哀しいが来るような気がする。。。

そう思ったら、哀しいや怒りって凄くないかな?
って言う話をしたんですが

なにを馬鹿なことイッてんだコイツは。あたしは死ぬほど苦しいんだよ
って目で無言になっちゃって、私が哀しくなったんですけどね 苦笑

でも
その時でさえもその哀しいは奥にしまっていたのですよ。そういえば
うわっ。哀しい
って言えば良かったんですが、
無言でジトッと見られたので
あ、不快だったのね
と、思考が働いちゃった
だから良くなかったんじゃないかな

そうだ、少しだけその方法というか思考というか。にも変化があったのか

実は去年、ちょっといろいろあって、
友人宅で「んもー!!」
と吠えていたんですけどww

その時に
経験としてこうだろう。
それってロールプレイすると目的がいくつか考えられる
条件付けでこういう結果も考えられる
…それは抜きにして感情論を言ってしまうと頭に来る。とにかくムカツク頭に来るー!!!

ってなっていましたww

多分、この最後の部分大事w

じゃないと頻繁に出てくる妹の事例みたいに、いつまでも引きずりますからね。

幼少期に傷ついた、いわゆるインナーチャイルドって、結局そういう出来かたしているじゃない
あの時私は○○だったのよー。うわーん。ばかばかばかー!!!
って言ってますもんねww
抱えた年月分、凝り固まってなでこなでこしていますもんねw

仮に相手が仲良しでも、友達でも
んもー。あの子はまったくー!!
ってプンプン怒ったって、良いと思うんです。
それでも。
本当に好きなら清濁併せ持っていても
やっぱりその人のこと好きなんじゃないかなっておもうんですよね。

でも、
それと譲歩や、浸食されるする
とか
言うことを聞かないなら友達じゃなーい

っていうのはまた違うんじゃないかなって、思うんです。

プンプン怒ったって、ケラケラ笑えたって
また会いたいって思えるのが多分友達で
そこにはいろんな感情のぶつかり合いがあって
乗り越えてきたからそこにいるんだって思えば良いんじゃないのかな。

そんでそれをするときに素直な自分の気持ちをぶつけていくこと

それでも意見がぶつかるときもあると思います。
てかある。
で、わかんないならわかんないでいい。
ちょっと違うならちょっと違うでいい。

それはそれ、これはこれ
で、自分を護って欲しい。
そこ譲ると相手の軸がぶれるから追い込んでしまうしなー

同じモノを見て同じ意見ならつまらないしね。

喜怒哀楽はもっと表に出していかないと
この年でインチャつくっちまうww

思考の観点、
それを発展させた観点
それを取っ払った自分の感情の観点

多分、分けて考えるのは大まかにこの三つってことかな

もしかしたらこの最後の部分って、もの凄く忘れがちだし、あんまりよくわかんないしでくっついてくるのはもの凄い後だと思うの。
もしかしたら、人によっては一番最初かもしれないけどw

でもきっと、人間として生きていくのなら

とっても大切なことだと思う。

なんとなくだけど、それがなかったらただの機会みたいだもんねw

忘れちゃいけないなと思って書いてみました♪

後、mixiのコメントに載せたのですが、私が薦められて最後にカウンセリングに通ったところ
http://www.info.sophia.ac.jp/helping/index.html
場合によっては断られる場合もあるみたいですが、
子供の相談とか、いろいろできるみたい。
通った精神科の先生曰く
システムとしては研究生の実地の協力という形になるので価格が安価(一回3000円でした)
きちんとしたドクターのバックアップもあるし、なにより薦めるのは、一定の成果が得られている。
ということでした。
妹の例もあるので、絶対に良くなると言う保証はありませんが
カウンセリングは考えているけどお値段が高くてちょっと行けない
ってお悩みの方はご相談してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

掲載ありがとうございました!

りゅーらさん

お久しぶりです!

じぇいど♪さんのところから飛んできました!

大切な体験を掲載していただきありがとうございました!

とてもとても勉強というか、学ぶところがたくさんありました!
(う~ん、この表現も微妙ですね、なんか失礼にならないような適切な言葉が見つかりません・・!)

そのひとつ・・

「脳はいろんなことを考える器官なので、ポジティブな考えから、ネガティブな考えまで、パターンパターンによっていろんなことを提案するんだって
それを経験や考え方で選び取るのが自分なので
選んでいないんだからいいんですよー
って話」

これは、なるほど~!と思いました。

今年はなんだかいろんな感情がぶり返してきて、忙しい日々ですが、笑、どうして次から次へと出てくるのだろうと思いましたし、
あんなに悲しんで、怒って、苦しんでいたのに、ひとしきり感情を出してしまうと、2~3日のうちには、あれ?というくらいに軽くなって(客観的にそれを観察している自分がいるような感覚もあり)、ま、いいっか・・となるので、うーむ、この次から次へと湧き上がってくる感情は、単純に出て行きたいだけなのだろうか・・と思ったりして・・

うまくいえないのですが、

とにかく、たくさんお勉強になりました。
本当にありがとうございました。

Re: 掲載ありがとうございました!

こちらこそ読んで戴いてありがとうございます。

まあもう昔のことですので、少々自分に厳しめの表現があったように思いますが、
今思うと、あの時の自分なんでここでこんな風にしちゃうんだー。んもー
という感情も未だにあったように思います。

まあ、それは流して
当時は自分の出来る最良の方法を選んだはずだから。
と、当時を振り返って納得して。よしよし。よしよし
と、自分にやっています。

そういう想い出しの波が今回大きかったです。
今回更新の時に何気なく引いた、カードの杖もそういう感じのカードでしたから
もしかしたら時期的に毒出し器官だったのかもしれないですね。
line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。