5/11の更新日記

5/11更新

すみません。
色々精神的なダメージか大きくて、かなり遅くなってしまっています。。。

今回は、正直地味~な感じになってしまったかもしれません。

コノハナサクヤちゃんを作ったのだから、イワナガヒメたんも作ろう。片方だけなんてずるい←
とか思っていたので、石の準備だけしていたのですが、、、
まあやっぱりというか、
なんというか。。。選択が地味な感じになってしまって、、、

その影響なのか、ほかのも若干地味目に。。。

でもまあ。。。以前と形が違ってきているので、とうだー?
と、あまり考えずに作ってみました。

こういうのは心のままにというものです←

というわけで、どん


☆光の滝

滝のように流れる、光溢れる場所の一部を
その時ごとそっと運び出して


光の滝1

光の滝2

スコレス沸石(スコレサイト)の小さいポイントで剣を作ってみました←バカ

綺麗になったから本望ですが。。。正直バカだと思っています色んな意味でwww

というのも、スコレス沸石はちょっと柔らかいので。。。
本当は、試験管みたいな瓶に入れようと思っていたのですが、、、あのような形になってしまったので←
とりあえず…うちにあった入れ物にいれてお送りすることになるんしゃないかと思います。

イメージでは、光の滝を切り取ったような感じだったんですね。
や、どっちかというと伸びてるじゃんw
と、自己突っ込みを入れてみたんですが、なんとなく光の水の滝。だったんですね。

後で調べて見たら、スコレサイトって、ゼオライトのグループに属していまして、
最近話題になっている、毒を排出する。とか、吸着する。とか、ゼオライトってそうみたいなんですが、やっぱり同じグループなら近いのかしら?よくわかんないけど。

ただ、スコレサイトはゼオライトの主成分にあるナトリウムがありません。。。だから水なのか?そうなのか?

あと、私が見た意味では、キーワードは過去。過去の情報を引き出す。
のだそうです。へぇー←

青のタンザナイトと一緒なので、きっと、哀しい過去を希望ある未来の道標に変える。

そんな感じの剣なのかなって、思っています。

過去、出来なかったことも、過去よりも成長した今なら、出来ることってあると思うのです。
いつかそれを、なんとかしたくて、
過去は未来に、それを託すのかもしれないです。

過去の未来である自分は、託した過去の自分に報いるために、よりよく生きるために、
今を生きているのかもしれませんね。


☆赤い杖

赤の石は魔法の石。
貴方の勇気を支え、励ましてくれる
未来を選ぶ為の活力をわけてくれる。

赤い杖

カーネリアンって言うと、私の中では魔法の石で、
なんとなく丹田ってやつ?
とか思っているところがあったりします。

太極拳を始めたので、気功の時、先生によく(というか毎回)「丹田を意識して」って注意されているんですが
そこに力?正確には力が入っているわけじゃないんですが、まあ<力>が入っていると、姿勢というか…動きから動きに至るまでのブレが少なくなるかなぁと、なんとなく思います。

カーネリアンも、そんな感じの石かなって気がします。

私の中のカーネリアンって、一言で言うと触媒って感じです。

そのもので、それなりに凄そうだなって思いますけど、
カーネリアンの凄さは、単体だけでは分からないのです。
何かと組み合わせて、もの凄い効果を引き出す感じです。

だから、私の中でカーネリアンは魔法の石なのです。

なので、

今回珍しく単体でカーネリアンのみの杖を作ってみました。
小さいけれど、色は月と太陽の一緒にいる時間の空の色をなるべく選んでみました。


☆二つの顔

本当に優しい人は、きちんと叱ってくれる人なのよ。
理不尽ではなくよ。
きちんと叱ってくれるのは、貴方のこと、大好きだから

叱り顔のもう一つの顔、見えた?

二つの顔

小さい頃に見た親の視点と、
大きくなって顔になったときに振り返ったあの時の顔は
同じ事象の筈なのにどうしてこんなにも違うんでしょうね。

知恵も知識もついたけれど、
一番必要なのは、心が育つことなのかなって、思います。

たくさんの心にふれあえば、
ふれあった心の数だけ、
物事には顔があるのだなと、知っていくのだと思うのです。


☆緑のスプーン

小瓶にスプーンを付けてくるくる
緑の甘い水飴とれた♪


緑のスプーン1

緑のスプーン2

細かいモノを掃除していたら、ビーズが出てきました。
なんというか、、、
あの頃から小さいモノ、小さいモノと行っていたようで、意味もなく極小ビーズを買い込んでいました。。。

ビーズを使って杖を作ったらどんなに素敵♪
と思って作ってみたんですが。。うーん。。。
なんかこう、水飴?
こういう色の水飴もあるし…ねぇ?

チェコビーズの緑の色が元の色で、周りに巻いたビーズが、空気を入れてよく練った色みたいで

子供の時、水飴をくるくる巻いて、色が変わっていくのを、不思議な気持ちで見ていました。
同じ味なのにね。


☆石長姫命の鍵

君が代は千代に八千代に
さざれ石の
巌となりて
苔の生すまで
(日本の国歌より)

石長姫命の鍵1

石長姫命の鍵2

石長姫命の鍵3


☆磐長姫の杖

貴方の居るこの幸せな世界が
永遠に続きますように
今は小さい小石が集まって
やがて大きな石の塊にまでなって
さらにそれに苔が覆い尽くすようになっても
(君が代現代訳より)


磐長姫の杖1

磐長姫の杖2

磐長姫の杖3


二つ続けて書いちゃいますか。

イワナガヒメを作ろうと思ったのは、冒頭にも書きましたが、コノハナサクヤを取り扱ったからでした。

数年前に、うっかり京都に一人で行ってきたのですが。
その時に貴船に行ってですね、イワナガヒメの話を読んで涙しました。
当時は、可愛い妹と、もっさりな私とか、
なんか色々冷遇された自分を思って泣いたのかと思いましたが…なんかよくわかんないけど、泣けたんですよね。

いいように使われた人だったんだなって
とっても泣けました。

で、まあサクヤちゃんを作ったときに、イワナガヒメはこのスモーキークォーツのポイントだなぁ
と思っていたので、弾いておきました。
鍵の方は、わりと石が簡単に決まりました。

ただ、
組み立てが出来なかったんですよね。。。

杖の方はもっと諦めかけていて、
スモーキーのポイントと、シリマナイトの雫は決まっていたんですが、なんか足りない。
と思っていたら、katzeさんとお昼を一緒にしたときに、よかったら使ってー。
と、セイクリットセブンの原石をくれたんですね。
かち割り面はキラキラしているんだけど、磨りガラスみたいな表面が多い。コレが多分足りない部品。。。世の中って良く出来ているモノです。

でも、二つとも出来なかった。
こういう時って、なんというか…

ビックリするほど動かない。

んですね。
なので動き出すまで放置か。
と思っていたんですが、
とうとう当日になってしまって。

で、更新作業もこちら、しないといけませんので、そろそろ諦めかけていたんですが

そんないっそがしいときに、ちょっと一悶着ありまして。
そんなときに。

今、作れる。
今じゃないと出来ない。

そんな感じになったのです。

正直、その一悶着のことに頭ずっぽりつっこんていたとしたら発狂しそうになった部分も多々あるので、
仕事を理由にチラ見で済んだのは、
もしかしたら天の采配かもしれないんですけどね。

さて、文言どうしようとなったときに、
君が代が頭の中を軽快な音楽で今風に流れてきましたww

そういえば、この間君が代の現代語訳って、ツイートで流れていたなと思って。
よくよく調べてみたんだけど…なんかイワナガヒメって感じだね。

イワナガヒメって長寿がどーのとか、貴船て読んだのは、恋愛成就だったりで←この辺が泣けたんだけど

そしたらなんか、
凄く君が代が、イワナガヒメが言っていることに思えてきたんですね。

君の解釈で、なんだかいろいろ面倒な事になっているみたいなんですが

未来を願う事って、今の時代、
自分の大切な人たち。
って感じで、一人ではないと思うのです。

どんな場所でも、どんな状況でも。
時々思う大切な人たちを思い出して

元気でいて欲しいな

っていう、大切な気持ちは此処から成るのではないかなと思うのです。

私は、大切だから離れなければならない。
っていうのを何度か経験しています。

結果、喧嘩別れしてしまったり、一方的に別れてしまったり、泣く泣く切ったりしていたりしますが

それでも、時々元気であればいいなと思うのです。
相手はどう思っているのか分からないのですが
それでも、

貴方がいつまでも元気で、楽しく、健やかに過ごしていますように。

祈りのように想うのです。


というわけで、
まあ今回はこんな感じです。

お花祭にしたからお花の写真も撮ってきたのですが、
まあそんな感じて、ちょっとガタガタッと来ちゃっているのでかけたらいいなと思っています。

えーと…よかったら見てね

りゅーらのアトリエ・ティアラクラウン
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line