ちょっと昔話。教導記録1

こちら、随分前に昔話として一部限定で乗せていた話だったんたけれども、
なんつーか、この話を知らないと、ちょっと講習会の感想を書いても訳が分からなそうだったので、
ちょっと編集して乗せておきます。

当時上の話を出来る貴重な友人が、
世界樹を伝って行ったら、学校があって、入学してきたー。
大学みたいで面白かったよ。
なんか課外授業で、録画係と実行係二人の系三人で行動しててさ
録画の方法も自力でやるから、いろんな方法があって面白かったー。
人種もいろんなのが一杯居て、すごい楽しかったー♪

と言っていたので

おおお!学校イイカモ。。。って言うかそういう楽しそうな所は私が行きたーい!!

と、思って就寝した日からそれは始まるのです。



木々が生い茂る場所に私は立っていた。

???ここ、どこ??

おでこには六角形のクリスタルが付いていた。
ファティマかよ!と思わず内心突っ込んでしまったんだけれども。
矢が放たれた気配で確認しないで飛び跳ねている。

等間隔に三連の矢が地面に刺さる

ということは、多分予め簡単なトラップがしかけられていたと言うことだろう。
森の中を徒歩って言うのは危ないこと極まりない。

いつものように飛んで…と思ったら、飛行できない
じゃあ周囲の確認だけでも。と、視覚を遠方に飛ばして二方向から見ようとおもったけど、それも出来ない。

????なんでー??

オロオロしていたらブァンと言う音がして、師匠がホログラムで現れた。

「よ。やっとその気になってくれたんだな」

なにが?

何のことだかさっぱり分からないながらも、とりあえず意識を拡散して状況把握に努めている。

「や、もうそろそろおまえはさ、誰かを教えた方が伸びると思ってたんだよー。っていうか、やることは十何年も前に俺が全部教えちまったからぁ。ぶっちゃけすることねーしww」

そんなケラケラ笑われても。。。だから何でどーしたとか。ないんですかい。

そんなことはお構いなしに師匠は続ける。

「だからさ、俺、張り切っちゃったんだよねー。おまえがその気になってくれたから、ばばーんと広大な場所に学校作ってやったんだぜー。」

??言ってることの意味がわかんないんだけど

「これから三部隊固まっておまえのこと攻撃してくるからさ。頑張って避けてww」

は?…おい!このバカししょー!!!

「あいつらは、おまえに一撃でも食らわせたら勝ち。おまえは、全員のクリスタルを解除、破壊したら終了~。あ、でもあんまイジメんなよ。みんな初心者ばっかなんだからな」

…なんすかそれ…

「あ、因みに。戦力差がありすぎるので、おまえにゃー能力限定掛けさせて貰ったわwwあと、刃物禁止ねwその代わり、教育的指導は認めるからー」

なんだそれー!

「ぢゃっ。健闘を祈る」

ブッツン

映像が一方的に途切れた。

あー…えーと。
つまりこの状況を作った元凶は
うちのアホししょーという解釈で構わないわけですね。。。

とりあえず運動能力のにはそんなに困らない感じだったし
ジャンプはとりあえず有りってことで、木々を渡って場所を確認していると、向こうの方から、さっき大体を把握していた人たちがすぐ側までやって来ていた


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line