スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ちょっと昔話。教導記録3

学校までの道のりを、生徒さん達に代わる代わる手を繋いで貰って歩いた。

そんなに早く歩かれても追いつかないし
ちょっとよそ見しているとすぐに見失ってしまうし…
すぐに転んでしまうので置いて行かれてしまうし……

しょーがないなー。と、誰かが手を繋ぎ始めて。
それから交替しながら手を繋いで学校までの道のりを歩いた。

歩きながら、なにやら質問責めだったのは覚えている。

「専門課程を本当に一週間で終わらせちゃったんですかー」
とか
「理事長連の愛弟子って本当ですかー」
とか

それが専門課程かどうかは分からないけど
寝ても覚めても一週間ずーっと同じ夢が続いていて、1週間目にとうとうぶっ倒れた
というのはある。から…それを言っているのであれば「そう」

理事長連…理事長が誰なのかよくわからないんだけれども 苦笑
まあ、さっきの話を総合すると
ししょーが建てた学校であるのなら、ししょーが理事長であることは間違いないと思うんだけれども
理事長「連」っていうのがまーよく分からない。

彼らの話では
理事長連は「七人の御使い」とかなんとかかんとか…Xかよ!ww…うーんわからん。
そもそも、ししょーがなんて名前なのかまずわからん(当時はまだザドキエルとは名乗っていませんでしたのでw)

とりあえず、うちのししょーが勝手にあそこに送り込んできたのよー
って話をしたら

「やっぱりそうなんだ」
ってわっとはしゃいだので
わからーん。
私にはさっぱりわからーん???

となっていたのでした。

そんなこんなのうちに、学校の校舎のほうへ移動。

学校は、うーん。綺麗な作りでしたよ。
新築って感じだし
なんかどっかの教会みたいにおっきいし
上の方にキラキラしたものが出入りしていたし。。。なんでも、上空は、飛行専門の入り口
なんですと。
えっと、、、どっから来るんですかねwww
とか思いつつ。

で、それで。
私はどうすればいいのかしら。。。

ときょろきょろしていたら

「帰るぞ」
と迎えが来てくれた。

わぁ。よかった。どうやって帰ろうかと思ったんだ。

ぎゅっと握って一息ついたら。
もう上のおうちで。

広すぎるロビーでお茶を飲んでいたら、羽の生えた鞄がやって来た。

んん?なんだこれ???

机の上にパコンと開いて。
中にはなにやら紙のようなモノが。。。

んー。と…もしかしてこれは採点票だったりする??

ブァンとホログラムが出てきた。

ししょー。これなーに?

「見りゃわかんだろ。採点票だ!」

うぐぅ…やっぱり

「おまえが稽古付けたんだからおまえが採点すんだよ。しっかり付けとけよ。後でクラス分けして稽古つけるんだぞ。選抜クラスは毎日だかんな」

はあ、なんかめんどーなことになってんですね。

「おまえが望んだんだろ?」
とししょーニヤニヤ

ううん。私望んでないもん。誰か教えてやってくんないかなーって思っただけだもん。

「だからさ。誰もそんな暇人はいないの」

うぐぅ。。。めんどくさいなー。私もどーせなら学校行きたかったよぅ

「だれがおまえの面倒みんだよ」

えーと…ししょー。

「…じゃ、採点票終わったら鞄に突っ込んどいたら勝手に運ばれるからよろしくな」

ブッツン

無視かよ!!

…まだ仕事おわんないんか…orz

結構遅くまで採点を付けていた気がします。。。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。