アクアプリズム

私は海の一族の象徴の矛であった。

アクアプリズム1

海の一族に大事があった際、これをもって討ち取った者のモノに、私はなった。

アクアプリズム2

かの勇者は海を離れ、
陸に生き、
長い長い時間が流れ、
その一族は海の一族であることを忘れてしまった。

アクアプリズム3

私は海に帰りたかった。

隙間から月光が照らすと、私は海への道を射し示した。

かの勇者は、静かな場所を好んだようで、
ここは確かに静かな場所であったが、
私は海に帰りたかった。

アクアプリズム4

光の射し示す方に、
長い時間の中、
海にまでやってくる者は何人か居た。

けれど
ソレを持って入る

まで行った者はいなかった。

私は、海に帰りたかった

アクアプリズム5

そうして、
何度も時折目覚めては、
海の一族の子孫が、時折私を連れ出し、眠らせる。

もう、海の底に戻ることは叶わないのであろうか

アクアプリズム6

そうして今でも
海の一族の陸地の家に、私はあるのだろう。


折れた槍・アクアプリズム

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line