FC2ブログ

3月←の沼津講習会に行ってきました

引っ越しとかの諸々ばたばたで記事をなかなかかけていなかった訳なんですが、
溜まっているので書きます。

☆★☆★☆★


さつきのひかりさんの沼津講習会へ行ってきました。

もう何回目の参加でしょうかね

とにかく。
午後の一対多数のヒーリングが気持ちいいから大判のタオルで涎を周りに広げない

というのを第一にやってきました。

後は毎回楽しみにしている、作品の出力テストと、さつきのさんの作品も楽しみの一つです。

本当は、もうちょっと早く行って、一緒に太極拳もしたかったんですけど
私これでも始発電車に乗って来ていますんで、これ以上早くいけない&
天性の方向音痴でですね。

なんとか会場にたどり着いてよかったなと思っています

今回は開始すぐのお隣が小学生の可愛い子だったので、
やーん。可愛い~
となっていましたね。
うちのむすめっこも、もう少し大きくなったら参加できるかなー
いや、むしろ息子か!?いや、あいつは厨二病真っ盛りだから止めといた方がいいか
などと、少々頭の中を駆け巡ったりいたしました。

いろんな人と組んでエネルギー流したり、流して貰ったりしていたんですが

今回、みんなエネルギー使うの上手だな~と、なんとなく思いました。

そのせいなのか、
なんかすごーく早く午前のカリキュラムが進んでいてびっくり!
いつも結構時間ぎりぎりなのに。。。!みんな優秀!すごーい

さつきのさんも時間はやいから
じゃあ山形でやって面白かったのをやってみよう!
と、一に全員でエネルギーを送る。それをカットする
というのもやってみました。

こちらは初めてなのですけど、
送るのが全員で、送られている人が一人。それを防ぐ人が一人、
ですから、本当に出来ているのかなぁ
という自信のなさはここで出来ていると少なくとも払拭しますよね。(でもうちに帰ると不安になる)

さつきのさんももちろん見ていてくれているのですが、
何人かで組むことによって、お互いに認識し合うというのが、ものすごくいいなって、
毎回思います。…うちに帰ると心配になるけど

で、本当に早く進んでしまってたので、
じゃあ午後のヒーリングを一人三分から五分にしよう
ということで早めのお昼休憩をとって一対多数のヒーリング

結果!

私は多分寝てた!
あんまり記憶がない←

となりが千住さんで、
「りゅーらさん、ほら、お布団だよ」
って座布団丸めてくれたのを「おふとんだー」って追いかけたのは覚えている
後のことは知らん←
とても気持ちよかった
私だけじゃなくて他の人も寝息をかいていたからきっと一緒に違いない。

ヒーリング終わり三人くらい前で、不思議と目が覚めてきたので

全員終わった後に、さつきのさんも全員からヒーリングされるといいよ
と言えるぐらいにはなんとか覚醒したかな

さつきのさんにヒーリングすると、おつりが多い
というのは知っていたけど、
すっごい腕にエネルギー廻ったのが判って

ここんとこの悩みの原因がわかった。

体を通っているエネルギーが腕に全然来ないんだ

つ…詰まってる!?いや、穴空いてる?!

ああ、でも、これがエネルギーちゃんと通っている状態なんだな
と、さつきのさんをヒーリングして思いました。

そしておやつ。
恒例のてんこ盛り
そして示し合わせたようなチョコレートの多さ

や、もちろん違う種類のお菓子もありましたけど
和菓子とか綺麗なのがあって素敵でした。
手作りのお菓子もあったような。。。
とにかく、エネルギー使った後のお菓子は美味しいなぁ

というのが沼津講習会のダイジェストでございました♪

そして、もういい加減、うちの地元にも来て貰わないと!
と、帰りの電車で奮起して帰ってから登録とかなんやらもろもろ頑張ったのは、
余談の話でございますw

毎回楽しい会をありがとうです♪

☆★☆★☆★

そしてそれが、大宮中級に続いていくわけですねー

ちなみに、文章自体は、結構早く書いていたので、
まさか本当に場所確保に乗り出すなんて思いませんでした~


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

りゅーら

Author:りゅーら
魔法使いの道具屋さんをコンセプトにいろいろなものを作っています。

太極拳が思っていたよりも楽しくて、時々すげーって言いながら書いてます。

幼少期の毒を時々書いて居ます。

怪しいことも時々いいます

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line